スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

9月に読んだ本

2012/10/31 Wed 20:47

2012年9月の読書メーター
読んだ本の数:17冊
読んだページ数:3533ページ
ナイス数:26ナイス

恋だの愛だの 4 (花とゆめCOMICS)恋だの愛だの 4 (花とゆめCOMICS)感想
小田部が気持ち悪い。あんまり恋愛ばかりになるのは嫌だな。もっとかのこの陰謀が見たいです。ところで、いつの間にかのこの中で椿くんが親友にランクアップしたのかな?
読了日:9月25日 著者:辻田りり子
虎と狼 6 (マーガレットコミックス)虎と狼 6 (マーガレットコミックス)感想
紅子は最後まで変わらなかったなぁ。でもハッピーエンドでよかった。みんなで島に遊びに行ったところとか見たいかも。
読了日:9月24日 著者:神尾 葉子
虎と狼 5 (マーガレットコミックス)虎と狼 5 (マーガレットコミックス)感想
オオカミが潔く、格好良い。最初に比べて人間味がでてきたなぁ。
読了日:9月24日 著者:神尾 葉子
虎と狼 4 (マーガレットコミックス)虎と狼 4 (マーガレットコミックス)感想
紅子は追い詰め方が凄いなぁ。嫌な奴すぎるので次の巻ではスッキリしたいです。
読了日:9月24日 著者:神尾 葉子
虎と狼 3 (マーガレットコミックス)虎と狼 3 (マーガレットコミックス)感想
美以と親しくなるのは変わった子ばかりだなぁ。オオカミは昔からトラの世話係なのか。
読了日:9月24日 著者:神尾 葉子
虎と狼 2 (マーガレットコミックス)虎と狼 2 (マーガレットコミックス)感想
面白くなってきたかも。今時の女子高生がエスパー魔美を知っているの?私でも分からないのに(笑)
読了日:9月24日 著者:神尾 葉子
虎と狼 1 (マーガレットコミックス)虎と狼 1 (マーガレットコミックス)感想
この作者の主人公は周りになじめない子が多いな。あまり展開に惹かれないので今後に期待します。
読了日:9月24日 著者:神尾 葉子
町でうわさの天狗の子 9 (フラワーコミックス α)町でうわさの天狗の子 9 (フラワーコミックス α)感想
ミドリちゃんと金ちゃんに自分の気持ちを聞いてもらうところとか好き。
読了日:9月22日 著者:岩本 ナオ
町でうわさの天狗の子 8 (フラワーコミックスアルファ)町でうわさの天狗の子 8 (フラワーコミックスアルファ)感想
やっと恋を自覚。金ちゃんとの友情もいいなぁ。
読了日:9月22日 著者:岩本 ナオ
町でうわさの天狗の子 7 (フラワーコミックスアルファ)町でうわさの天狗の子 7 (フラワーコミックスアルファ)感想
すっごいじれったい二人だな~。
読了日:9月22日 著者:岩本 ナオ
学園ベビーシッターズ 第1巻 (花とゆめCOMICS)学園ベビーシッターズ 第1巻 (花とゆめCOMICS)感想
ほのぼのしていて子供たちも可愛いです。
読了日:9月22日 著者:時計野 はり
赤髪の白雪姫 7 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 7 (花とゆめCOMICS)感想
賊退治や用心棒稼業をしている人たちを取りまとめる男が父親って分かって、ゼンとの事は大丈夫なの?身分違いだし、親の稼業も難癖つけられたりしないか心配してしまったよ。
読了日:9月22日 著者:あきづき空太
悪魔とデュエット (花とゆめCOMICS)悪魔とデュエット (花とゆめCOMICS)感想
思っていたより面白かった。「桃山キョーダイ」よりこっちの方が好きだな。
読了日:9月22日 著者:ふじつか 雪
桃山キョーダイ 3 (花とゆめCOMICS)桃山キョーダイ 3 (花とゆめCOMICS)感想
今まで「双子」として通してきたんだから、周りの目もあるし「無理」というのも分かるかも。
読了日:9月15日 著者:ふじつか雪
魔法無用のマジカルミッション (㈱魔法製作所) (創元推理文庫)魔法無用のマジカルミッション (㈱魔法製作所) (創元推理文庫)感想
イドリスの様なお笑い担当がいないのが寂しかったかな。 最後の展開は良かった。 今までの「強み」が無くなって、どうするのか続きが楽しみ。
読了日:9月15日 著者:シャンナ・スウェンドソン
扉守 潮ノ道の旅人 (文春文庫)扉守 潮ノ道の旅人 (文春文庫)感想
潮ノ道という架空の街を舞台にした少し不思議な短編集。 街の描写が魅力的で、モデルとなった尾道に行ってみたくなります。 一番好きだったのは表題作の「扉守」。 この話で潮ノ道の街にはまりました。
読了日:9月2日 著者:光原 百合
岸辺の旅 (文春文庫)岸辺の旅 (文春文庫)感想
淡々とした文章。 自分勝手な夫は最後まで自分勝手。 自分の都合で死に、自分の都合で戻ってくる。 肉体と離れた時に感じたものが戻ってこようと思った理由でしょうか?
読了日:9月1日 著者:湯本 香樹実

読書メーター
スポンサーサイト
その月に読んだ本 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。