スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

岸辺の旅

2012/09/11 Tue 20:07

岸辺の旅

湯本香樹実

文春文庫

3年前に失踪した夫が帰ってきた。
夫の体は海で蟹に喰われてしまったのだという。
海から帰ってきた逆に道をたどり、二人で旅をする。



お互いを思い合っているのは分かるんだけれど、淡々とした文章のせいかあまり熱を感じない。
読解力が低いからでしょうか?
夫が戻ってきた事は良かったのかと疑問に思いましたが、彼女はずっと待っていたから、生死がハッキリしたのは良かったのでしょうか。
お互いの事を分かっているつもりでまだまだ知らない事があったと理解を深めても未来が無く。
いろいろすっきりしませんでした。
結婚したことがあったら共感する部分も出てくるのかもしれませんが。
スポンサーサイト
作者名 や行 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。