スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

7月に読んだ本

2012/08/26 Sun 10:22

「図書館戦争」の映画化が決まったようですね。
堂上をV6の岡田くん、笠原を榮倉奈々ちゃんということですが、堂上は嵐の大野君の方がイメージだなぁ。
だって岡田くんじゃイケメンすぎる(笑)
榮倉奈々ちゃんはイメージ通り。
映画で人気が出たら連続ドラマになったりするのかな?

7月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2158ページ
ナイス数:30ナイス

ヴァーリアの花婿 (花とゆめCOMICS)ヴァーリアの花婿 (花とゆめCOMICS)
短編集。一番好きなのは「おとぎばなし~」です。他の話は上手く世界観に馴染めなかったので。 「おとぎばなし~」も最初に本誌で読んだ時は微妙だと思ったので、他の話も数年後に読むとまた意見が変わるかもしれませんが。
読了日:07月25日 著者:あきづき空太
マルドゥック・ヴェロシティ〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)マルドゥック・ヴェロシティ〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)
クリストファーはいいキャラしている。 殺しても死にそうにないのに何があったのか。 ボイルド、ウフコック、イースター博士以外は「スクランブル」には出て来ていなかったので何があったのか。 みんな仲が良さそうなだけにドキドキしながら読んでいます。
読了日:07月24日 著者:冲方 丁
夜の虹 灰色の幽霊 (コバルト文庫)夜の虹 灰色の幽霊 (コバルト文庫)
相変わらずアーサーの事を苦手に思っているオリガ。 ロジオンやレオニードとは前より友好的になったのに…。 この二人には遠慮無しで話せるけれど、アーサーに対しては遠慮があったりするからでしょうけど。 そんな風で結婚して上手くやっていけるのかな?
読了日:07月21日 著者:毛利 志生子
バッカーノ!1931 鈍行編―The Grand Punk Railroad (電撃文庫)バッカーノ!1931 鈍行編―The Grand Punk Railroad (電撃文庫)
アイザックとミリアの物事を斜め上に解釈し、よく分からない理論で相手を納得させてしまう所は凄い。 登場人物が多すぎてメインじゃない人たちはどの陣営にいるのか分からなくなってきた。 消化不良になるような謎はちゃんと特急編で解消して欲しいな。
読了日:07月18日 著者:成田 良悟
バクマン。 20 (ジャンプコミックス)バクマン。 20 (ジャンプコミックス)
最高がカヤちゃんに感謝する所とかいいですね。 中学の時からこの4人はとてもいい関係だと思います。 エイジとはまさに好敵手。 お互いに切磋琢磨して競い合ういい関係です。 最高と亜豆はラストも「らしい」というか。 最後までブレない二人でした。
読了日:07月09日 著者:小畑 健
永遠の曠野  芙蓉千里III永遠の曠野 芙蓉千里III
2巻ラストでの決意で盛り上がったのにあんまり出番無かったですね、黒谷氏。 ほぼ馬賊ばかりでした。 近代史に詳しかったら政治的な面でも面白かったのかな? フミは子供まで産むとは思わなかった。 子供達につけた名前を見ると、二人ともあの人を全然忘れられないんだなぁ。
読了日:07月04日 著者:須賀 しのぶ
キャリア こぎつね きんのまち 6 (クイーンズコミックス)キャリア こぎつね きんのまち 6 (クイーンズコミックス)
葉瀬さんとはホテルを離れても、外国でも気軽に会いにきてくれる関係でいいな。 最後は「ん?」と分からなくなってしまいましたが、二人が一緒にいるという事はそういう事なの? かなり悩んで十川さんの手放したと思ったら、相手の方ががっちり掴んでいたのか。 童子はかなり二人の事が好きなのに日本に残る事にするとは思わなかったな。 これも周りに愛されている事を実感できているからだよね。 過去の事を思うと感無量。
読了日:07月01日 著者:石井 まゆみ
キャリア こぎつね きんのまち 5 (クイーンズコミックス)キャリア こぎつね きんのまち 5 (クイーンズコミックス)
いろいろ考え過ぎでは?と早歩にツッコミ。でも慎重というか臆病になる気持ちも分かるかも。 でも十川さんが可哀相になってしまう。 童子を背負って3人でいるところは親子に見えるのになぁ。 自立心がありすぎて自分を変えられないと思っていても、童子の事のようにいい方に繋がる事もあると思うが。
読了日:07月01日 著者:石井 まゆみ

2012年7月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター
スポンサーサイト
その月に読んだ本 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
実写映画化!
わーそうなんだ!!!
まだアニメの映画の方も観てないのよ・・・。
大分じゃやらないんだもの^^;

正直奈々ちゃんはあんまり好きじゃないんだけど
笠原は合いそうだとおもった。
岡田君じゃイケメン過ぎるか~(笑)!
ああ、あの5センチ差が実写で観られるのはちょっとドキドキだな^^

うん、なんか楽しみだ♪
Re: 実写映画化!
アニメは私もリアルタイムでは見てないですよ。
おまけ小説目当てにDVDは買ったのでその時に見ました。
アニメから原作を入るのはありでも、原作からアニメに入ると見ていて微妙な気分になる事が多いんですよね~。
実写も一緒で、だから「阪急電車」や「フリーター」も見てないんですよね。
でも図書館戦争はちょっと気になっているので評判が良かったら見に行こうかな~と考えています。
確かにあの身長差を実写で見たら萌えるかも!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。