スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

狼と香辛料

2012/07/04 Wed 20:27

狼と香辛料

支倉凍砂

電撃文庫

行商人のロレンスは麦を仕入れた帰り、いつの間にか荷馬車に一人の少女が乗り込んでいた。
その少女には獣耳としっぽがあり、自分を狼だという。
ロレンスはその少女を故郷まで送る事になる。



人気があるようなので読んでみたかったシリーズ。
完結したようなので読む事にしました。
思ったよりあんまり萌え要素が多くなくて良かった。
最近の電撃文庫は萌え要素の多い話ばかりになったイメージだったので、あまり手が伸びなくなったんですが、読んでみて良かったです。
主人公が冴えない風貌の行商人というところもいいですね。
商人の経済についての話や、ホロとロレンスの掛け合いも楽しいです。
いつかは教会も関わってくるでしょうし、これからの展開も楽しみです。
スポンサーサイト
作者名 は行 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。