スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

初恋ソムリエ

2011/09/23 Fri 20:04

初恋ソムリエ

初野 晴

角川文庫

進級し新入生も入部してきた今年こそ普門館を目指し、日々練習を重ねる部員達。
部員を増やし、なおかつレベルを上げる事ができるのでしょうか。
ハルチカシリーズ2作目。


・スプリングラフィ
チカの直感と行動力は凄い。
ダッシュで追いかけてすぐに手をさしのべるところとか。

・周波数は77.4MHz
人の親切に対して図々しい人はどこまでも図々しいはいるんだなぁ。
自分の親を他人に押しつけるのってどうなの。
草壁先生の「普門館の先にも~」は自身の経験からの言葉でしょうか。
将来を嘱望された指揮者に何があったのか、気になります。

・アスモデウスの視線
とうとうハルタの頭脳は他校へ乗り込むまでに。
「女の敵は女」。まさにその通りの事件。
「たかが刺青」とも思うけれど嫌がる気持ちもわかります。
それで誰に見られてもいいようにする努力が、生徒たちにもわかったのかな。

・初恋ソムリエ
将来的に商業にしたいのに「初恋研究会」のメンバーは態度が悪いような。
そこら辺にいらいらしてしまいました。

最後に「スプリングラフィ」とは逆に芹澤さんが走ってきたところが好きです。
この二人はいい友人関係になれそう。
スポンサーサイト
作者名 は行 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。