スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
星を帯びし者  イルスの竪琴1
(原題:The Riddle-Master of Hed)

パトリシア・A・マキリップ   訳:脇明子

創元推理文庫

亡霊と謎賭け試合をして王冠を手に入れたモルゴン。
その王冠を手に入れたものはアンの王女を妻にする権利を持つ事を知り、アンへ向かおうとしますが命を狙われてしまいます。


自分の額にある三つ星の謎を知る為にケイスランドで学んだり、アンの亡霊と試合をしたりしたのにしたのに結局分からずじまい。
なのに、ペヴンから王冠を手に入れた事が知れ渡ると、その三つ星の謎で命を狙われたり、踏んだり蹴ったりです。
レーデルルに結婚を申し込む為にヘドから出たのにアンには行けず、偉大なる者に会いにエーレンスター山へ行くはめになったり。
運命に抗おうと懸命になるも、数百年前に作られた竪琴と剣を受け取るように導かれてしまいます。
最後に衝撃的な事実も分かり、これからモルゴンはどうなってしまうんでしょうか。
いいところで続いているので、急いで読まなくては。
スポンサーサイト
作者名 ま行 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。